ホーム > MOCCHYおすすめギア&ウエア > #おうちでスキーメンテ 簡単にシャープなエッジを仕上げる ダイヤフェイスムーンフレックス

#おうちでスキーメンテ 簡単にシャープなエッジを仕上げる ダイヤフェイスムーンフレックス

#おうちでスキーメンテ シリーズ第3弾、

簡単にキレッキレのエッジ仕上げのできるダイヤモンドファイルのご紹介です。

スキーのメンテナンスの中でも、ハードルが高いのがエッジのチューンですね。

エッジの仕上げによりスキーの性能は大きく左右されます。

ところが、加減が分からない、失敗したらどうしようということで、

なかなかチャレンジができないですよね。

しかし、「DIAFACE MOONFLEX(ダイヤフェイスムーンフレックス)」 を使えば、

簡単でプロ並のエッジ仕上げをすることができます。

超オススメの、画期的なダイヤモンドシャープナーです。

ヤスリ(スチールファイル)のように削ることなく研いでいくので、

スチールのヤスリではスキーを壊してしまいそうで怖いという方でも、

簡単にパーフェクトなエッジケアをすることが可能になります。

↓こんな使い方がオススメです
45eb896522.jpg1、 板の水分を布等で拭き取ります。
2、 エッジにバリがないか、角があまくなっていないかをチェックします。
3、 スキーを固定(バイスなどがあればより正確に出来ます。)
4、 ファイルガイド(あれば)を装置します。(無い場合でも力をいれず手を楽にして行なえば大きな失敗はありません)
5、 荒めの番手のダイヤフェースから水に浸し濡らします。(アルコール水半々の液体だとよりきれいに仕上がります)
6、 サイドエッジの角度に軽く当て、ぶれない様に研磨していきます。(前後に動かしても問題ありません)
7、 徐々に番手を上げて同じ作業を繰り返す。(プロなみの仕上げが可能)
8、 最後に番手の細かいダイヤフェースで滑走面側のビベル角に合わせてトップからテールに2〜3回滑らせればOK!
9、 きれいな布やキッチンペーパーなどで汚れを拭きとれば完了!

また、耐久性にすぐれ、目詰まりしにい構造でお手入れも簡単です。

使用後は、流水(水道)で軽く流して、乾かすだけ。

たくさん使用して汚れがひどい場合は、金ブラシでこすればきれいになります。

エッジのメンテができれば、#おうちでスキーメンテ の上級者です。

大切なスキーのお手入れに、ぜひご活用ください。

 

よりお手軽に使用できるガイド付きのミニサイズセットもあります。

とはいうものの、プロにお任せしたいという方には、

もちろん、MSPスペシャルチューンナップ&保管サービス

いつでも受け付けております! ぜひご利用ください。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。





CAPTCHA