ホーム > 目から鱗のスキーお手入れ講座 > スキーウエアのクリーニング&メンテナンスの話~その1

スキーウエアのクリーニング&メンテナンスの話~その1

スキーヤーのみなさんは、スキーウエアのメンテナンス、どうしていらっしゃいますか?

冬の間酷使しているスキーウエア、汚れや傷みも想像以上にすごいですよね。

しっかり汚れを落とし、補修をしてあげて次のシーズンに備えたいものです。

でも、巷でよく聞くのが

「スキーウエアは、防水効果が落ちるからクリーニングに出してはいけない」

というう話です。

私も、以前はそれが心配でスキーウエアを洗っていませんでした。

というのは、通常スキーウェアなどのクリーニングの指定はドライクリーニングですが、

この場合チャージソープという浸透剤が生地目に残りやすく、

次のシーズンには撥水効果が落ちてしまいがちなのです。

たしかに汚れも落ちるけれど水分もはじきにくくなる、

だからできるだけクリーニングしない方がいいよ、ということになってしまうのです。

しかし、効果ですし愛着もわくスキーウエア、しっかりメンテナンスしてあげたいものですよね。

そこで、スキーショップがご提案できる最適なクリーニング方法はないだろうかと、

スキーウエアメーカーやクリーニングの専門家と対策を検討しました。

そして結論(!?)

「スキーウエアは水洗いしましょう」

水洗いをすることをおススメします。水洗いの方が汚れも落としやすく、浸透剤が残る心配もないからです。

しかし、自分で洗濯するとなると・・また、クリーニング後の撥水加工も結構大変です。

そこで、クリーニング店でなく、スキーショップが提案するウエアクリーニングはいかがでしょう。

詳細は、こちらをご覧ください。

http://mochidasports.com/skiwearcleaning.html

スキーウエアメンテナンスの話~その2に続きます!


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。





CAPTCHA